トップコラム連載・特集    

  トップ > コラム > 潮騒


   

潮騒

2017/10/4

 本物さながらの電車や飛行機、最新パンフレットが並んだトラベルカウンター、カジノ教室、しゃれたカフェ風休憩スペース。イマドキの専門学生は何と恵まれた環境で勉強しているのか。少々面食らった◆トラベルジャーナル学園(大阪市西区)は来春新たに2校増やし、4校でホテルやテーマパークなどの観光施設、結婚式場、鉄道や航空会社、旅行業界などで働く人材を育成。それに伴い三つの校舎のうちの一つを全面リニューアルし、最新の実習設備を整えた◆驚いたのは4階の鉄道サービスフロア。「夢追(ゆめおい)」駅に止まった本物そっくりの電車は、ドアの開閉もできる。改札口や切符の販売機まであり、学生はここで実践的なサービスや技術を学ぶという。体験型エンターテインメント施設さながらである◆ほかにも、航空機やチェックインカウンターなどを再現したフロアや、壁一面に鏡を配したスタジオなどを設けテーマパークで活躍できるパフォーマンス力を磨くフロアなどがある。「表現力」そして「おもてなし」の精神も養っていく◆ここまで臨場感を出さなくても、“想像力”で間に合うのではないかとも思うが、それを持ち合わせていない学生が多いということか。至れり尽くせりの環境を最大限に生かすことができる学生こそ夢をつかめるはずである。(架)
 

<< コラムトップに戻る



  トップ > コラム > 潮騒
本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。
すべての記事・写真の著作権は(株)ザ・プレス大阪に帰属します。
ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)

ご意見・ご感想 は住所、氏名を明記の上Email:osaka@nnn.co.jpまで