トップコラム連載・特集    

  トップ > コラム > 潮騒


   

潮騒

2017/10/5

 先日、通天閣(大阪市浪速区)を訪れた際のこと。大学生の集団だろうか、会話の中で大阪出身らしき男性が、この日初めて通天閣に上ると明かしていた。身近な存在だった通天閣から見下ろす景色が思っていた以上の高さと感動で、男性は認識を新たにしたようだった◆時として身近なものが、遠い存在になることがある。会社勤めが始まり、家庭を持つようになれば、自然と友人付き合いが希薄になることも多い。家族や親戚関係でもそう。近くにいる時ほど、かえって疎遠になっていたということもある◆政治の世界が騒がしい。総選挙の公示まであとわずか。大阪では4日、立候補予定者説明会が開かれた。党の勢力図が目まぐるしく変わっていったが、選挙区ごとの構図もはっきりしだした。国民にとって分かりやすくなったとの声も聞こえる◆ただ、身近であるべき「政治」がどこか遠い。流れるニュースを見ても威勢はいいが、肝心の政策が響いてこない。解散の是非はともかく、国の将来を託すことにつながる。期間中さまざまな方法を使い、政治家が国民に歩み寄ってきてくれる◆各党さらにギアを上げ、これからそれぞれの主張がより見えてくるはず。大切なことが知らないまま、次々と決められてはかなわない。有権者が政治に近づいていくことも必要だ。(壮)
 

<< コラムトップに戻る



  トップ > コラム > 潮騒
本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。
すべての記事・写真の著作権は(株)ザ・プレス大阪に帰属します。
ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)

ご意見・ご感想 は住所、氏名を明記の上Email:osaka@nnn.co.jpまで