トップコラム連載・特集    

  トップ > コラム > 潮騒


   

潮騒

2017/10/6

 先月下旬、JR大阪駅桜橋口から西へすぐの西梅田スクエア(旧大阪中央郵便局跡地)に、よしもと西梅田劇場(YNT)がオープン。2週目に入ったが、こけら落とし公演が桂文枝や西川きよし、オール阪神巨人ら豪華メンバーで、700人定員の客席は連日満員が続いている◆同社旗艦劇場で、年間100万人動員のなんばグランド花月(NGK)はただいま改装休館中。YNTは代替の仮設イメージがあるが、実はとんでもない間違い。NGKが12月21日再開後も、YNTは引き続き興行を継続。同社にとってうめだ花月閉館以来9年ぶりのキタの常設劇場として機能し続ける◆吉本は首都圏で東京はじめ千葉や埼玉でも常設劇場を抱え、11番目のYNTは12月以降が正念場。NGK代替の役割を終え、独自興行時期に移っても、この人気が維持できるか否かだ◆西梅田スクエア周辺は、1985年3月に劇団四季がミュージカル「CATS」を専用テント小屋で上演。東京を抜く1年1カ月のロングランを成功させた地。アクセスはミナミのNGKより格段に勝る◆スマホで何でも映像化して見られるようになった現代、お金を出して生で本物を見る野球や相撲などのプロスポーツ、そして演芸や演劇の舞台公演の人気がかえって高騰しているのだから分からない。(畑)
 

<< コラムトップに戻る



  トップ > コラム > 潮騒
本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。
すべての記事・写真の著作権は(株)ザ・プレス大阪に帰属します。
ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)

ご意見・ご感想 は住所、氏名を明記の上Email:osaka@nnn.co.jpまで