トップコラム連載・特集    

  トップ > コラム > 潮騒


   

潮騒

2017/12/06

 師走に入り、仕事や、家の掃除などに追われている人も多いのではないだろうか。さらに平日や週末を問わず、仕事先や友人との忘年会の機会も増え、一日一日があっという間に過ぎていくようだ◆1枚だけとなったカレンダーを眺めると、今年もあと3週間と少しを残すのみとなった。ついつい気持ちばかり焦って“ばたばた”するこの時期だが、年賀状の準備にいそしんでいる人もいるだろう。だが枚数が多いと、少々骨が折れる◆確かにこの忙しい時期に多くの人に送るのは、時間も労力も必要となる。人生のどこかのタイミングで年賀状をやめ、親しい人だけに電話やメールであいさつを済ませる人もいるだろう◆その一方で、正月の朝に届く年賀状に目を通すのが楽しみだという人も少なくないと思う。長く連絡を取っていない相手であれば、その無事を知りうれしい気持ちにもなる。中には家族の写真が添えてあったり、凝ったイラストが描かれていたりと、一枚一枚にその人の個性が表れる◆今年は趣向を変えたいという人は、大阪府のマスコットキャラクターで、広報担当副知事のもずやんの写真を使ってみるのはどうだろう。専用写真の撮影会を22日までの毎週金曜日に府公館で受け付けている。とり年は終わっても、飛躍の年になるよう願いを込めて。(圭)
 

<< コラムトップに戻る



  トップ > コラム > 潮騒
本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。
すべての記事・写真の著作権は(株)ザ・プレス大阪に帰属します。
ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)

ご意見・ご感想 は住所、氏名を明記の上Email:osaka@nnn.co.jpまで