トップコラム連載・特集    

  トップ > コラム > 潮騒


   

潮騒

2018/1/3

 正月三が日の最後である。どのように過ごしておられるだろうか。一年の計は元旦にありと言われる。今年一年の目標を立て、早速取り組んでいる人もいるだろう。一方、家でゆっくりと過ごし、翌日の仕事始めに備えている人もいるかもしれない◆大阪にとってこの一年は大きな出来事が控えている。政府が2025年の大阪誘致を目指す国際博覧会(万博)の開催国が秋に決定する予定だ。基本テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。ライバルは、フランス、ロシア、アゼルバイジャンだ。11月に開催されるパリの博覧会国際事務局(BIE)総会で、投票によって開催国が決まる◆筆者はこれまで万博に行ったことはないが、1970年の大阪万博の会場に足を運んだ人は興奮気味に当時の様子を振り返る。話しぶりから熱気や活気が伝わってくるようで、興味をそそられる◆先日、万博誘致の機運を盛り上げようと、万博誘致委員会が「私が考える未来の社会」をテーマに全国の小学生から募集した絵画の入賞作品の表彰式が府庁で行われた。いずれも子どもらしい豊かで自由な発想で描かれていた◆未来を担うのは今の子どもたちであるが、バトンを渡すのは大人の仕事だ。大阪のよりよい未来を子どもたちに引き継げるよう、知恵を絞りたい。(圭)
 

<< コラムトップに戻る



  トップ > コラム > 潮騒
本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。
すべての記事・写真の著作権は(株)ザ・プレス大阪に帰属します。
ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)

ご意見・ご感想 は住所、氏名を明記の上Email:osaka@nnn.co.jpまで