トップコラム連載・特集    

  トップ > コラム > 潮騒


   

潮騒

2018/2/2

 今週発売「週刊現代」2月10日号を買って、トップ企画『新・階級社会〜日本の不都合な真実〜もはや「格差」ではなく「階級」』を読み、大阪人としては「何でやねん!」と思わず苦笑してツッコんでしまった◆わが国に広がる貧困層と富裕層の格差実態をリポートした真面目な内容。その中で例として挙がった「もつ鍋を食べに飛行機で博多へVS割引弁当を求め深夜のスーパーへ」「移動はすべてタクシーVS移動は基本、自転車」の見出しに首をひねった。私は閉店前スーパーの半額セールが大好きだし、移動は自転車だが別に貧困層ではない◆米国の格差社会は強烈だが、確かに日本にも同様の状況がジワジワと広がる。非正規に落ち込んだ人々の高齢化・独居化が、深刻な社会問題化しているのは事実だし、特集の意義は大いに認める◆ただし、人々の地域性は時としてベタな決めつけが似合わない場合も。例えば、ミエっ張りな江戸っ子に対する浪速っ子の合理性はよく知られる。シビアな京都人の始末と異なり、使う時はパァッと散在するが「同じ物なら安く」は当たり前で当然値切る◆大阪は、こうしたゲーム感覚で人と人が親しくジャレ合って、一般人がボケたりツッコんだり。貧乏ネタに平気で笑いをまぶしてシャレにしてくるから油断できない。(畑)
 

<< コラムトップに戻る



  トップ > コラム > 潮騒
本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。
すべての記事・写真の著作権は(株)ザ・プレス大阪に帰属します。
ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)

ご意見・ご感想 は住所、氏名を明記の上Email:osaka@nnn.co.jpまで