トップコラム連載・特集    

  トップ > コラム > 潮騒


   

潮騒

2018/2/8

 先週末に里帰りし、山陰から大阪へ戻ってきた。立春を過ぎても山陰をはじめ、日本各地で雪が降り続いている。高速バスで大阪に向かったのだが、中国山地を越え3時間半の都会地は、なんとも別世界のよう。ただ、乾いた大阪の寒さもまた身にしみる◆雪が降り続く北陸地方では、記録的な大雪に見舞われている。福井県内では国道に約1500台の車が約10キロにわたって立ち往生し、ドライバーや同乗者のどうすることもできない不安な思いが伝わってくる。雪下ろし中に屋根から転落してけがをする人も。さらに除雪作業で死亡事故も起こっている◆雪の大変さは身にしみている。2010年に鳥取県で大雪を経験した。しんしんと降る雪がやまない。そうかと思えば、腰の高さまで雪が積もるのはあっという間、車が動かせない状況に陥った。降る様子を見ながら雪が怖いと初めて思った◆近所の人たちと道路の除雪もした。悪いことに停電も重なり、カセットコンロで湯を沸かして暖を取った。あの日のことが思い出される◆最近は株価の大幅下落や円高が聞こえてくるが、自然の猛威の前になんだか現実味がない。気候の影響を受けやすい野菜価格のさらなる高騰も気掛かりだが、それ以上に雪害が広がらないことを祈るばかり。それぞれ安全確保が最優先だ。(壮)
 

<< コラムトップに戻る



  トップ > コラム > 潮騒
本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。
すべての記事・写真の著作権は(株)ザ・プレス大阪に帰属します。
ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)

ご意見・ご感想 は住所、氏名を明記の上Email:osaka@nnn.co.jpまで