トップコラム連載・特集    

  トップ > コラム > 潮騒


   

潮騒

2018/2/9

 来週14日のバレンタインデーに向け、週末はチョコレート売り場が盛況だ。景気が上向きになり、ここ数年オフィスで女性から男性へのチョコお渡しも復活傾向。ただし、1カ月後のホワイトデーにちゃんと倍返しくらいはしないと、「分かってないヤボな人」と言われそうだ◆昨年実績では、女性で何らかの贈り物をした人は約6割。受け取る立場の男性側は、既婚者の6割が「もらった」と答え、バランスが取れている。しかし未婚者4割、20代も4割と少ない。女性側は「若い未婚男性にうっかり義理チョコを渡して、勘違いされたくない」と慎重だ◆面白いのは、夫や恋人、さらに子どもや父親など決まった男性に渡したチョコは、女性にとって「一緒に食べる」という位置付けらしい。「少し高くても、自分が好きな物、日ごろ買いたかった物を選ぶ」という傾向が強い◆チョコ1個に掛ける費用は「500〜千円」と「千円〜2千円」が各2割と、義理チョコと本命チョコの予算の掛け方が浮かんでくる◆早春のバレンタインと秋のハロウィーンは、日本でも女性のリードですっかり習慣が定着した。オフィスでのセクハラやパワハラは願い下げだが、こうしたイベントにかこつけて、ちょっとしたプレゼントが行き来するのは心が潤って何だか楽しい。(畑)
 

<< コラムトップに戻る



  トップ > コラム > 潮騒
本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。
すべての記事・写真の著作権は(株)ザ・プレス大阪に帰属します。
ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)

ご意見・ご感想 は住所、氏名を明記の上Email:osaka@nnn.co.jpまで