全国ニュース

三重・鳥羽が「海女のまち条例」 国内最多の約500人

2017年10月2日 16:51

 三重県鳥羽市議会は2日、海女文化の振興と保全を目的とした「海女のまち条例」を全会一致で可決した。同市は海女の人数が国内最多とされ、市によると、海女に関する条例の制定は全国で初めてという。即日施行された。

 三重県鳥羽市で行われたイベントで、採ったアワビを見せる海女たち=2016年5月

 条例は「鳥羽・志摩の海女漁の技術」が3月に国の重要無形民俗文化財に指定されたことを受け、議員が提案した。「市、市民、関係団体などが協力して、海女の振興と保存を図る」とし、水産資源保護や漁場環境の整備、特産品化による海女の所得向上を市の役割とした。

 鳥羽市立海の博物館によると、2010年で全国の海女は約2千人。そのうち同市は約500人。