全国ニュース

子どもの受動喫煙防止条例成立 東京都、22年ぶり女性副知事

2017年10月5日 17:57

 東京都の小池百合子知事が事実上率いる「都民ファーストの会」などが提案した「子どもを受動喫煙から守る条例」が5日、都議会本会議で賛成多数により可決、成立した。都議会は会計管理局長の猪熊純子氏ら2人を副知事に任命する人事にも同意し、定例会を閉会した。都の副知事に女性が就任するのは22年ぶり。

 「子どもを受動喫煙から守る条例」を可決、成立した東京都議会本会議=5日午後

 都によると、家庭などの私的空間の喫煙を規定する条例は全国で初めて。18歳未満の子のいる部屋や自動車内で喫煙しないことを保護者らの努力義務とした。罰則はなく、施行は来年4月1日。

 都議会で議員提案の条例が成立したのは2011年以来で、都民ファは都議選の公約を実現した形だ。