全国ニュース

イシグロ氏にノーベル文学賞 長崎生まれの英国人作家

2017年10月5日 22:02

 【ストックホルム共同】スウェーデン・アカデミーは5日、2017年のノーベル文学賞を、長崎市生まれの英国人小説家カズオ・イシグロ氏(62)に授与すると発表した。代表作「日の名残り」や「わたしを離さないで」などで知られる。日本出身の作家としては1968年の川端康成、94年の大江健三郎氏に次ぎ3人目、23年ぶりの受賞となる。同アカデミーは授賞理由について「偉大な感性を持った小説によって、世界とつながる幻想的な感覚の下にある深淵を明らかにした」とした。

 カズオ・イシグロ氏
 村上春樹氏の書籍から、ノーベル文学賞に決まったカズオ・イシグロ氏の書籍に並べ替える書店員=5日夜、東京都新宿区の紀伊国屋書店新宿本店
 ノーベル文学賞の受賞が決まり、笑顔で取材に応じるカズオ・イシグロ氏=5日、ロンドン(ロイター=共同)

 ロンドン在住のイシグロ氏は5日、BBC放送に「偉大な作家たちの歩みに加わることができ、最高の名誉だ」と述べた。