全国ニュース

トランプ氏、イラン核順守認めず 制裁は避け、枠組み維持

2017年10月6日 7:53

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は5日、トランプ米大統領が、2015年にイランと欧米6カ国などが結んだ核合意について来週、イランが順守しているとは認めないと表明する方針だと伝えた。核合意を受け解除した制裁を再発動するかは議会の判断に委ねられるが、政権は再発動しないよう働き掛け、核合意の枠組みを維持する見通し。

 トランプ氏は昨年の米大統領選から一貫してイラン核合意を批判。順守を認めないと表明することでメンツを保つ一方、合意の維持によりイランが核開発再開に動きだすのを抑える狙いがあるとみられる。