全国ニュース

篠遠喜彦氏死去 ハワイ在住の考古学者

2017年10月7日 1:45

 篠遠 喜彦氏(しのとう・よしひこ=米ハワイ州在住のポリネシア考古学の第一人者)ハワイ時間4日、ホノルルの病院で老衰のため死去、93歳。関係者が明らかにした。

 死去した篠遠喜彦氏

 24年東京都生まれ。54年、カリフォルニア州へ研究に向かう途上、ハワイのビショップ博物館が行う遺跡発掘に参加し、そのまま同博物館で研究を続ける。ハワイ大卒。ビショップ博物館人類学部名誉上席特別研究員。96年に吉川英治文化賞受賞、00年にはフランス領ポリネシア政府からナイトの爵位授与。共著「楽園考古学」は昨年英訳本が出版、ハワイ出版協会の文学賞でノンフィクション部門受賞。(共同)