全国ニュース

NY株、8日ぶり下落 1ドル安、石油株売られる

2017年10月7日 5:58

 【ニューヨーク共同】6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅ながら8営業日ぶりに下落し、前日比1・72ドル安の2万2773・67ドルで取引を終えた。原油価格下落を受けて石油のシェブロンやエクソンモービルが売られた。

 ニューヨーク証券取引所に設置されている彫刻(AP=共同)

 同日発表された9月の米雇用統計で非農業部門の就業者数が7年ぶりにマイナスとなったことも相場の重荷となった。このところ株価が大きく上昇していたため、高値警戒感から利益確定の売りもあった。

 一方、ハイテク株主体のナスダック総合指数は4・82ポイント高の6590・18と9営業日続伸し、6営業日連続で終値の最高値を更新した。