全国ニュース

ファーム日本一は広島、巨人下し 26年ぶり出場で初V

2017年10月7日 16:36

 プロ野球のファーム日本選手権は7日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われ、ウエスタン・リーグ覇者の広島がイースタン・リーグ優勝の巨人を5―2で破り、26年ぶり2度目の出場で初優勝を果たした。最優秀選手(MVP)には勝ち越し3ランを放った広島の坂倉が選ばれた。

 7回広島1死一、二塁、坂倉が右越えに勝ち越し3ランを放つ=宮崎

 広島は0―2の七回に小窪、美間の連続適時打で同点とし、1死一、二塁で坂倉の右越え本塁打で3点を勝ち越した。巨人は今村が6回無失点と好投したが、救援陣が打ち込まれた。