全国ニュース

中国の鳥インフル、哺乳類でも 人での感染も警戒

2017年10月20日 1:00

 中国の鳥で流行し、人への感染も確認されている鳥インフルエンザウイルス「H7N9型」が、哺乳類の実験動物同士でも感染し高い致死性を持つことを確かめたと、東京大などのチームが19日付の科学誌電子版に発表した。今のところは起きていないが、同じ哺乳類の人同士でも感染が広がる可能性があるという。

 2013年に中国で人への感染が確認されたH7N9型ウイルスには、変異して毒性が高まった「高病原性」のものがある。今回確かめたのは高病原性ウイルスの哺乳類間での感染でチームの河岡・東京大教授(ウイルス学)は「ウイルスの性質が分かったので流行に備えた対策に役立つ」としている。