全国ニュース

稀勢の里ら4横綱が奉納土俵入り 九州恒例、住吉神社で

2017年11月2日 17:08

 大相撲九州場所(12日初日・福岡国際センター)を前に日馬富士、白鵬、稀勢の里、鶴竜の4横綱が2日、福岡市博多区の住吉神社で恒例の奉納土俵入りを行い、約5千人の見物客を喜ばせた。

 福岡市博多区の住吉神社で奉納土俵入りをする横綱稀勢の里=2日午後

 3場所連続休場から再起を懸ける稀勢の里は同神社での土俵入りは横綱として初参加。鶴竜とともに堂々とした雲竜型を披露した。大関時代の2年前にお参りしたことを明かし「宮司さんが『このような形で戻ってきてくれて、うれしい』と言ってくれた。自分もうれしく思う」と穏やかな笑みを浮かべた。調整は順調な様子で「いよいよ始まる。一日一日、良くなっていると思う」と手応えをにじませた。