全国ニュース

オランウータンに第3の種 800頭、絶滅の危機

2017年11月3日 1:02

 インドネシア・スマトラ島の一部にすむオランウータンの集団は、これまで知られていた2種とは異なる“第3の種”だとする研究結果を、スイス・チューリヒ大などのチームが2日付の米科学誌に発表した。生息数はわずか800頭と推定され、チームは「絶滅の危険がある」として保全を急ぐよう求めている。

 インドネシア・スマトラ島にすむ「タパヌリ・オランウータン」(研究チーム提供)

 オランウータンは人類の親戚にあたる大型類人猿。スマトラ島の別の地域とカリマンタン島(ボルネオ島)でそれぞれ1種が知られているが、新たな種の発見は珍しい。

 今回の集団は20年前にスマトラ島北部の森に生息しているのが見つかった。チームは骨の形や遺伝子を新たに分析、新種と判断した。