全国ニュース

サッカー奥寺氏「レジェンド」に ドイツで初の日本選手

2017年11月6日 15:29

 J2横浜FCの会長兼スポーツダイレクターを務める奥寺康彦氏(65)が、かつて日本人で初めてプレーしたドイツ1部リーグから「ブンデスリーガ・レジェンド」に選出され、6日の東京都内での記者会見で「アジア、日本にもっとブンデスリーガ(の魅力)を広めたい」と話した。今後は同リーグの国際プロモーションなどに協力する。

 「ブンデスリーガ・レジェンド」に選出された奥寺康彦氏=6日、東京都内のホテル

 ドイツ挑戦から40年。ケルンからオファーを受けた時は「体が震えた」と言い、9季で計234試合26得点の実績を残した。