全国ニュース

鳥取港でズワイガニ初競り 県認定の「五輝星」は該当なし

2017年11月7日 10:08

 昨年、ズワイガニが全国最高値の1匹130万円で競り落とされた鳥取市の鳥取港で7日、初競りが行われた。鳥取県は2015年から、一定の水準を満たしたズワイガニを県のブランド「五輝星」と認定。この日は昨年最高値のカニより大ぶりのものも水揚げされたが、色合いなどが基準を満たさず、同港では五輝星はなかった。

 鳥取港で行われたズワイガニの初競り=7日午前、鳥取市

 ズワイガニ漁は6日解禁。五輝星に認定されるのは県内で水揚げされたズワイガニのうち、大きさや重さ、色の鮮やかさなど厳しい五つの基準を満たしたもののみ。

 県によると、昨年認定されたのは全体の0・03%。昨年まで2年連続、五輝星が日本一の初競り値を記録していた。