全国ニュース

ロッテ涌井、米移籍目指しFAへ 国内残留なら移籍せず

2017年11月7日 16:20

 ロッテの涌井秀章投手(31)が米大リーグ移籍を目指して海外フリーエージェント(FA)権を行使する意思を固めたことが7日、分かった。同投手に近い関係者が明らかにした。

 ロッテの涌井秀章投手

 また、球団幹部は「国内ならロッテでプレーしたいと(言っている)。他の国内球団には行かないと確認を取っている」と話しており、メジャー挑戦かロッテ残留の2択で来季所属先を決める。

 神奈川・横浜高から2005年にドラフト1巡目で西武に入団し、国内FA権を行使して14年にロッテ移籍。09年に沢村賞、07、09、15年に最多勝に輝き、今年9月に2度目のFA権の資格取得条件を満たした。