全国ニュース

ロッテ涌井がFA権行使へ 米大リーグ移籍目指す

2017年11月8日 12:10

 ロッテは8日、涌井秀章投手(31)が海外フリーエージェント(FA)権を行使することになったと発表した。涌井は米大リーグ移籍を目指す。球団幹部によると、日本に残る場合はロッテが再契約するという。

 ロッテの涌井秀章投手
 米大リーグ・ワールドシリーズを観戦する、ロッテ・涌井投手と押切もえさん夫妻(中央)=10月25日、ロサンゼルス(共同)

 涌井は球団を通じ「時間をかけて考えた中で、この機会に新たな可能性を探してみたいという結論に至った」と説明。今季終了後に渡米してワールドシリーズを観戦し「いろいろな思いや感情が湧き上がってきた」とコメントした。

 神奈川・横浜高から2005年にドラフト1巡目で西武に入団、国内FA権を行使し14年にロッテに移籍。07、09、15年に最多勝に輝き09年に沢村賞を受賞した。