全国ニュース

首相、中ロ首脳と会談へ 東南アジア訪問へ午後出発

2017年11月9日 12:06

 菅義偉官房長官は9日の記者会見で、安倍晋三首相が9〜15日の日程でベトナムとフィリピンを訪問すると正式発表した。9日午後にベトナムに向けて出発。10、11両日に開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせ、中国の習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領と個別に会談するとも明らかにした。

 ベトナムでは環太平洋連携協定(TPP)を巡り、離脱した米国以外の11カ国による首脳会合にも出席。12日にフィリピンへ移動し、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議や東アジアサミットなどに臨む。北朝鮮問題や中国の海洋進出など地域情勢が議題となる見通しだ。