全国ニュース

大谷翔平、冷静な受け止め ポスティング合意報道に

2017年11月9日 18:23

 今オフにポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍の意思を固めている日本ハムの大谷翔平選手(23)は9日、日本野球機構(NPB)と大リーグ機構(MLB)による同制度の改定交渉が大筋で合意したとAP通信が報道したことに「特にないです。そこは僕のどうにかできるところではないので」と冷静に受け止めた。右足首の手術を受け、リハビリを行っている球団施設で取材に答えた。

 ボールを使いリハビリする日本ハム・大谷=千葉県鎌ケ谷市

 球団は大谷が希望すればメジャー挑戦を容認する方針。大谷は既に代理人にネズ・バレロ氏を選び、移籍への動きを本格化させており、ポスティングシステムの改定交渉が合意すれば、移籍への障害はなくなる。