全国ニュース

次世代加速器の縮小決定 日本に早期実現求める

2017年11月10日 10:21

 宇宙誕生の謎に迫る次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」計画について、世界の物理学者の国際組織は10日、全長を31キロから20キロに縮小することを決め、建設を支持するとの声明を発表した。縮小で建設費が4割減の5千億円程度になるため、声明は「日本の主導で早期に実現してほしい」とした。

 岩手・宮城両県の北上山地が候補地。声明は、ILCを万物に重さを与える「ヒッグス粒子」の工場と位置付け、ヒッグス粒子の精密な研究ができると指摘。だが縮小で、当初想定した未知の素粒子探しなど一部の実験は難しくなる。