全国ニュース

野球日本代表の薮田ら投球練習 宮崎合宿、内野手との連係も確認

2017年11月10日 16:40

 16日に開幕する国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」に出場する日本代表は10日、宮崎市の清武SOKKENスタジアムで合宿を行い、先発として期待される薮田(広島)、今永(DeNA)、田口(巨人)がそろってブルペンで投球練習を行った。

 ブルペンで投球練習する薮田=清武SOKKENスタジアム

 午前中には投手と内野手の連係プレーの確認を行い、稲葉監督は「初めてにしてはスムーズにできた」と手応えを口にした。合宿は13日までで12日に日本ハム、13日に西武と練習試合を行う。

 大会は日本、韓国、台湾が参加し、予選リーグの後に上位2チームが決勝を戦う。