全国ニュース

連合奈良に女性会長 全国で2人目

2017年11月10日 18:24

 連合奈良は10日、奈良市で定期大会を開き、新会長に事務局長の西田一美氏(56)を選出した。連合本部と都道府県にある地方組織で女性が会長に就くのは、先月に選ばれた連合宮崎の中川育江氏に続き2人目。

 連合奈良の定期大会で新会長に選出され、あいさつする西田一美氏(中央)=10日午後、奈良市

 西田氏は大会で「男女が共に担える連合運動を目指したい」とあいさつ。「働く女性が1人目の子どもの妊娠、出産で仕事を辞めている状況がある。女性の問題は男性の問題でもあり、全ての働く人の地位向上に向けて力強く取り組みたい」と抱負を述べた。

 西田氏は自治労奈良県本部の副執行委員長などを務め、2015年から連合奈良の事務局長となった。