全国ニュース

首相、国会での改憲議論を要請 森友、加計問題は「丁寧に説明」

2017年11月20日 18:03

 安倍晋三首相は20日、衆院本会議で始まった代表質問で、憲法改正に関し「国会で各党による建設的な議論が行われ、国民の理解が深まることが極めて重要だ」と述べ、与野党協議の促進を要請した。森友、加計学園問題では「閉会中審査に出席するなど国会で丁寧な説明を積み重ねてきた。今後もその考え方に変わりはない」と語った。

 衆院本会議で立憲民主党の枝野代表(手前)の代表質問を聞く安倍首相=20日午後

 立憲民主党の枝野幸男代表は、集団的自衛権の行使を可能にした安全保障関連法を前提とする改憲への反対を表明。希望の党の玉木雄一郎代表も批判し、改憲を巡る与野党対立が鮮明になった。