全国ニュース

名古屋の堀で男児溺れ死亡 ボール取ろうと転落か

2017年12月30日 19:16

 30日午後3時半ごろ、名古屋市熱田区熱田西町の堀で通行人の男性から「子どもが溺れている」と119番があった。約20分後、駆け付けた消防隊員が同区大宝、看護師西川圭子さん(45)の次男で小学4年の宝樹君(10)を水中から引き上げたが、5時半ごろに搬送先の病院で死亡が確認された。

 熱田署は、宝樹君がボールを取ろうとして誤って転落したとみて、原因を調べている。

 熱田署や市消防局によると、堀の中に突き出た柵で囲われた浮島で、友達数人とボールで遊んでいたとみられる。浮島から約2メートル離れた水中から心肺停止の状態で見つかり、病院に運ばれたという。