全国ニュース

アフガン葬儀場で自爆15人死亡 集まった群衆狙う

2017年12月31日 21:19

 【イスラマバード共同】アフガニスタン東部ジャララバードで31日、葬儀に集まった群衆を狙った自爆テロがあり、地元メディアなどによると、15人が死亡、十数人が負傷した。地元政府高官経験者の葬儀会場で男が自爆ベストを爆発させたという。高官の関係者を狙った可能性がある。

 首都カブールでは28日、自爆テロとみられる爆発が連続して起き、40人以上が死亡。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。