全国ニュース

希望の玉木氏、慶弔費167万円 支部から6年分、違法性否定

2018年2月6日 21:11

 希望の党の玉木雄一郎代表は6日の記者会見で、自身が代表を務める政党支部が2014〜16年にも慶弔費として計212回、107万5千円を支出していたと発表した。2日に支出が判明した10〜12年分の慶弔費は計約60万円に上ることも明らかにした。合計は約167万5千円となる。

 玉木氏は、政党支部の活動で違法性はないと強調した。だが、選挙区内で秘書が線香を配布した茂木敏充経済再生担当相と同様に、政治家の氏名が類推される方法での寄付を禁じた公選法に抵触しているとの指摘を受ける可能性がある。