全国ニュース

北陸中心に日本海側は大雪続く 8日にかけ交通障害など警戒

2018年2月7日 11:30

 強い寒気の影響で、北陸を中心に日本海側は7日も大雪となった。日本海側の大雪は8日にかけて続く見通しで、気象庁は交通障害や、路面、水道管の凍結に注意するよう呼び掛けた。

 北陸地方が記録的な大雪に見舞われ、富山城前で除雪作業に追われる男性=7日午前、富山市
 大雪に見舞われた福井県越前町=7日午前11時48分(共同通信社機から)

 積雪は7日午前10時現在、福井市136センチ、金沢市78センチ、富山市70センチ。福井市では37年ぶりに積雪が130センチを超える大雪となっている。北海道、東北、北陸の上空には氷点下39度以下の強い寒気が流れ込んでいる。7日は四国から東海の太平洋側でも大雪となる所がある見通し。

 8日午前6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸、中国50センチ、東北、関東甲信、近畿40センチ。