全国ニュース

手作りチョコをメンバーに 松潤がバレンタイン語る

2018年2月7日 17:23

 アイドルグループ「嵐」の松本潤が、東京都内で開かれた「明治ミルクチョコレート」のバレンタインPRイベントに登場。「みんなが大事な人とチョコでつながる日になれば」と、バレンタインへの思いを語った。

 「明治ミルクチョコレート」のバレンタインPRイベントに登場した松本潤=7日、東京都内

 松本にとって最も印象的なバレンタインは、幼稚園の頃だという。「同級生に駄菓子屋のお嬢さんがいて、袋いっぱいのチョコをもらって毎日食べた」と振り返る。

 「もし自分がチョコを贈るなら?」との質問には「板チョコを溶かして手作りしたい」と、かつてドラマでチョコレート職人を演じた松本らしい答え。肝心の贈りたい相手は「誰かなあ…」と迷いつつも、「嵐のメンバーに」と言って、グループ愛をのぞかせた。グループ内に「スイーツ部」が発足し、現場で甘いものをよく食べているという。

 イベント後半には、1040枚の板チョコで作られた松本の胸像、名付けて「チョコ潤」がお披露目された。制作を知らされていなかった松本は「去年の大みそかにNHK(ホール)で、頭の大きさとか測られた! このためだったんだ!」と大興奮。チョコ潤に鼻先を近づけ「本当にチョコの匂いがする…」と驚きの声をあげていた。

 報道陣から「出来栄えは何点?」と声がかかると、出演中のドラマのタイトルに引っかけて「99・9点ですね!」と、満足げに答えた。