全国ニュース

井伏鱒二さんの「幻の小説」確認 戦時中の上海誌に掲載

2018年2月7日 18:33

 作家の井伏鱒二さん(1898〜1993年)が戦時中、疎開先の山梨県で執筆したとみられる全集未収録の「幻の短編小説」が、上海で当時刊行されていた日本語雑誌「大陸」に掲載されていたことが7日までに、分かった。日本文学研究者で北京外国語大教授の秦剛さんが北京の中国国家図書館で同誌を見つけ、掲載を確認。

 井伏作品が掲載された雑誌「大陸」1944年12月号(秦剛さん提供)

 同誌は日本の国立国会図書館にも収蔵されていない雑誌で、井伏作品以外にも学童疎開を題材に銃後の生活を描いた丹羽文雄さんの小説や、武田泰淳さんによる上海の景観を紹介する紀行文が掲載されていた。

 確認された井伏作品は「大陸」44年12月号掲載の短編「饒舌老人と語る」。