全国ニュース

金融庁、全取引所へ立ち入り検討 仮想通貨流出で週内着手

2018年2月8日 21:52

 金融庁が、取引所コインチェックの巨額仮想通貨流出問題を受けて、全ての仮想通貨取引所への立ち入り検査を検討していることが8日、分かった。監視を強化するために全取引所への調査が必要と判断した。金融庁は資金決済法に基づき、週内にもコインチェック以外の複数の取引所に立ち入り検査し、その他も数カ月かけて順次実施する方針。

 金融庁、中央合同庁舎7号館西館、東京都千代田区霞が関

 金融庁はコインチェックを除く31の取引所全てに対し、2日までに安全管理体制などを報告するよう命令。安全管理体制などに不備のある取引所が見つかった。

 金融庁は16の登録業者と登録審査中の15のみなし業者に立ち入り検査して財務内容などを詳細に調べる。