全国ニュース

ごみの山崩れ住民17人死亡 モザンビーク、生き埋めに

2018年2月20日 5:28

 【ケープタウン(南アフリカ南西部)共同】アフリカ南部モザンビークの首都マプト近郊で19日未明、ごみ捨て場の山が豪雨で崩れ、近くの簡易住居の住民17人が生き埋めになり死亡した。子どもも犠牲になったとの情報もある。AP通信などが報じた。

 ごみの山が崩れたモザンビークの首都マプト近郊で生存者を捜す人々=19日(AP=共同)

 ごみは3階建てビルに相当する高さまで積まれていた。現場は貧しい人々が多く住む地区で、一部の住民はごみの山で拾った物を売り生計を立てていたという。

 モザンビークは天然資源が豊富で経済成長が続いているが、開発から取り残されて貧困生活を送る人も多い。