全国ニュース

エイズ「死に至る病」と半数誤り 内閣府の世論調査

2018年3月2日 17:17

 エイズウイルス(HIV)に感染しても、発症前に治療を開始すれば健康な人と同じように過ごせる。だが52%の人がエイズを「死に至る病」と回答するなど、いまだに誤った認識を持つ人が多いことが、内閣府が2日に公表した世論調査で明らかになった。

 エイズを完治する薬はないが、1日少量の服薬でウイルスの増殖を抑えられる。しかし「原因不明で治療法がない」(34%)、「特定の人だけ関係のある病気」(20%)などの誤答が目立った。

 感染原因については、無防備な性行為(85%)、注射器の回し打ち(74%)など正しい回答がある一方、蚊の媒介(25%)といった誤った回答もあった。