全国ニュース

「象牙の印鑑販売やめて」と要望 環境団体、小売業に

2018年3月2日 19:31

 アフリカゾウの保護に取り組む国内外の五つの環境保護団体は2日、象牙製印鑑の販売を中止するよう求める要望書を、小売事業者4団体と印章事業者でつくる「全日本印章業協会」(東京)に送付した。

 4団体はスーパーを運営する「ユニー」(愛知県稲沢市)、小売大手「イトーヨーカ堂」、印鑑販売「はんこ屋さん21」を運営する「グレエイト」、インターネット大手「ヤフー」(いずれも東京)。

 要望書は、世界各国が国内の象牙市場を閉鎖する中、日本は市場が維持され、違法取引や密輸出が相次いでいると指摘。東京五輪で世界の注目が日本の習慣にも集まるとして取り扱いをやめるよう求めている。