全国ニュース

全日空、ひな祭り便に女性機長 羽田―石垣

2018年3月3日 12:35

 全日空は3日、桃の節句に合わせ、整備士ら運航に関わる全てのスタッフを女性が担う「ひなまつりフライト」を羽田発石垣行き91便で実施した。パイロット2人のうち機長は昨年まで男性だったが、今年は初めて女性が務めた。

 全日空の「ひなまつりフライト」に臨む後藤瑞希機長(左から2人目)=3日午前、羽田空港

 操縦したのは、後藤瑞希機長。2004年入社で今年2月、ボーイング787の機長に昇格し、全日空2人目の女性機長となった。昨年のひなまつりフライトでは、副操縦士として乗務した。

 この便の副操縦士や整備士、地上の業務に携わるスタッフも全て女性。機体を移動する車両には桃の花が描かれ、地上からおそろいのピンク色のベストを着た女性スタッフが手を振って見送った。