全国ニュース

和歌山・淡嶋神社でひな流し 子どもの健康願い、小舟で海へ

2018年3月3日 16:55

 和歌山市の淡嶋神社で3日、子どもの健康や成長を願う恒例のひな流しが行われた。供養のため全国から奉納されたひな人形約400体が小舟に乗せられ、多くの参拝客に見守られながら、穏やかな海に送り出された。

 淡嶋神社のひな流しで、小舟に乗せられ海へと送り出されるひな人形=3日午後、和歌山市

 桃の木の枝や菜の花で飾り付けられた3隻の白木の小舟に、おはらいを済ませたひな人形を、みこが一つ一つ両手で乗せた。小舟に触れた女性は1年間健康に過ごせるとの言い伝えがあり、重さ100キロ近い小舟を参拝客の女性らが交代しながら担いで海辺まで運んだ。

 神社によると、この1年間で全国から奉納されたひな人形は約3万5千〜4万体。年々奉納される数は減っているという。