全国ニュース

阿蘇「草千里」で野焼き 早春の名所、広がる火

2018年3月3日 18:00

 熊本県の観光地「草千里」(阿蘇市)で3日、景観を維持するための「野焼き」が行われた。熊本地震や阿蘇山噴火の影響で訪問者数が落ち込む中、早春の名所に多くの見物人が足を運んだ。

 枯れ草に火が放たれ、勢いよく燃える草千里の「野焼き」=3日、熊本県阿蘇市(共同通信社ヘリから)

 地元の牧畜関係者やボランティアら計約100人が参加。枯れ草につけた火はパチパチと音を立てて燃え広がり、白煙が漂った。黄土色の草原約30ヘクタールは、2時間余りで黒く染まった。

 阿蘇地域は、JR豊肥線や熊本市からつながる幹線道路の国道57号が、2016年4月の熊本地震で寸断されたまま。阿蘇山の中岳第1火口では、同年10月に爆発的噴火が起きた。