全国ニュース

原寿雄さん追悼しシンポジウム ジャーナリズムの精神考える

2018年3月4日 15:23

 昨年11月に92歳で死去した元共同通信社編集主幹の原寿雄さんを追悼し、現代のジャーナリズムを語る会が今月10日、東京都千代田区内幸町の日本プレスセンターで開かれる。

 ジャーナリストの青木理さんや東大大学院教授の林香里さんらをパネリストにシンポジウムを実施し、原さんが訴え続けたジャーナリズムの精神について考える予定。

 原さんは1957年、取材班の一員として警察による謀略「菅生事件」を暴露した。会場では、原さんが警察官を取り押さえたとされる未発表の写真が披露される。

 会費千円(学生無料)、先着200人まで。メディア総合研究所、電話03(3226)0621。