全国ニュース

参院、森友文書が焦点に急浮上 5日、働き方で集中審議

2018年3月4日 15:51

 参院予算委員会は5日、安倍政権が目玉政策に掲げる働き方改革などに関する集中審議を実施する。森友学園問題を巡って財務省の決裁文書が書き換えられた疑いが論戦の焦点として急浮上している。財務省が5日にも調査状況を報告するとみられ、与野党の攻防は激しさを増しそうだ。

 予算委で野党は、一部専門職を労働時間規制の対象外とする「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」創設の断念を安倍晋三首相に迫る構え。「残業代ゼロ制度」(立憲民主党幹部)と批判を強め、高プロ創設の断念へと追い込みをかけていく。これに対して首相は、削除要求には応じない意向だ。