全国ニュース

安藤、まさかの減量宣言 映画「パシリム」PRで

2018年3月5日 15:43

 お笑いコンビ「メイプル超合金」(安藤なつ、カズレーザー)が映画「パシフィック・リム アップライジング」(4月13日公開)のスペシャルサポーターに選ばれ、東京都内で行われた就任記念アフレコイベントに登場した。

 凶暴な「KAIJU」と、人が乗り込んだ巨大ロボット兵器「イェーガー」の戦いを描いた2013年の映画「パシフィック・リム」の続編。第90回アカデミー賞で作品賞などを受賞した「シェイプ・オブ・ウォーター」の監督、ギレルモ・デル・トロさんらが製作した。

 ロボットや特撮ヒーローものが大好きなカズレーザーは、会場に、実際のサイズの40分の1という高さ2メートルのイェーガーのフィギュアが登場すると「圧力が(元柔道選手の)篠原信一さんくらいありますね!」と大興奮。

 一方、体格の“ダイナミックさ”ではイェーガーに負けない安藤。日本語吹き替え版のアフレコを披露すると、「(イェーガーの)全身タイツがあったら着て、街中を歩きたい」と体を張ったPRを買って出た。

 相方から「別のものに見えますよ」と却下されかかると、「絞ります」とまさかの減量を宣言していた。