全国ニュース

官民連携で通勤時の「歩く」推奨 鈴木長官「健康増進につながれば」

2018年3月5日 18:16

 働く世代のスポーツ実施率を引き上げるため、通勤時などに歩くことを運動として推奨する官民連携プロジェクトの啓発週間が5日、始まった。クールビズのように定着させることが目標で、スポーツ庁の鈴木大地長官は「忙しいビジネスパーソンに普段の生活の中で楽しく歩いてもらい、健康増進につながればいい」と語った。

 長官は同日、スニーカーでの出勤や勤務を認めているアサヒ飲料(東京)を視察。離れた駅から25分程度かけて歩いて出勤する女性社員は「会社に着くと気持ちがすっきりして仕事に打ち込める」と話し、同社の岸上克彦社長も「仕事の能率が上がると思う」と取り組みの効果に期待した。