全国ニュース

甲状腺がん、2巡目は52人 福島県の子ども対象検査

2018年3月5日 18:53

 東京電力福島第1原発事故の健康影響を調べる福島県の「県民健康調査」検討委員会が5日、福島市内で開かれた。県内の全ての子ども約38万人が対象の甲状腺検査で、2014年度から始まった2巡目では甲状腺がんと診断された人が前回の報告(17年12月)から1人増えて52人となり、疑いが1人減って19人に上ったと報告された。

 甲状腺検査は11年度から始まり、14年度には2巡目、16年度からは3巡目が行われている。

 今回の報告で1〜3巡目を合わせると、確定は160人、疑いは36人となった。