全国ニュース

金正恩氏、会談で「満足な合意」 南北首脳会談巡り進展か

2018年3月6日 10:02

 【北京、ソウル共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は5日、平壌で韓国特使団と夕食を含め4時間にわたり会談した。韓国大統領府が6日発表した。北朝鮮の朝鮮中央通信は、南北首脳会談を巡り「満足な合意」に達したと報道、開催条件などで何らかの進展があったもようだ。「朝鮮半島の平和と安定を保障する問題」について虚心坦懐に意見交換したとしており、正恩氏が核問題や米朝対話にどのような立場を示したかが焦点。

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮通信=共同)
 5日、平壌で記念写真に納まる北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左から3人目)と韓国特使団(韓国大統領府提供・共同)

 韓国大統領府によると、会談には正恩氏の妹の金与正党第1副部長と金英哲党副委員長が同席。夕食には正恩氏の李雪主夫人も加わった。