全国ニュース

霧島連山・新燃岳で爆発的噴火 7年ぶり、噴煙2千メートル超

2018年3月6日 23:08

 気象庁は6日、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(1421メートル)で同日午後2時半ごろ、爆発的噴火が起きたと発表した。爆発的噴火は2011年の1月から3月にかけて相次ぎ発生して以来、7年ぶり。

 気象庁のカメラが撮影した、噴煙を上げる宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳=6日午後2時30分
 宮崎、鹿児島両県にまたがる霧島連山・新燃岳の火口から上がる噴煙。7年ぶりに爆発的噴火が起きた=6日午後5時20分(共同通信社ヘリから)
 7年ぶりに爆発的噴火が起きた宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳。激しく噴煙を上げる火口内には赤い溶岩が見えた=6日午後5時19分(共同通信社ヘリから)

 気象庁によると、爆発的噴火は少なくとも、午後10時ごろまでに7回発生し、噴煙は火口から約2800メートルの高さまで達した。大きな噴石の飛散はなかったという。宮崎、鹿児島の両県や県警によると、けが人や家屋損壊などの被害情報は入っていない。

 噴火に伴うとみられる降灰は、宮崎県の都城市や鹿児島県の霧島、姶良両市などで確認された。