全国ニュース

野党「森友は政府全体の責任」 安倍政権追及強化へ

2018年3月6日 20:56

 野党は6日、森友学園問題に関する決裁文書書き換え疑惑について「事実ならば麻生太郎副総理兼財務相はもとより、政府全体の責任問題に発展する」(立憲民主党の辻元清美国対委員長)などと一斉に批判した。裁量労働制を巡る厚生労働省の不適切データ問題と併せて、安倍政権への追及を強める意向だ。

 希望の党の玉木雄一郎代表は記者会見で「事実ならば麻生氏は閣僚辞任に値する」と強調。民進党の岡田克也常任顧問は「同じ立法府に身を置く者として、与党は一緒に事実解明に努力してほしい」と求めた。共産党の穀田恵二国対委員長も「与党、野党の問題ではない」と指摘した。