全国ニュース

米議会の中間選挙幕開け テキサス予備選、クルーズ氏勝利

2018年3月7日 12:08

 【オースティン(米テキサス州)共同】11月の米中間選挙に向けて各党の公認候補を決める予備選が6日、南部テキサス州で開かれた。AP通信によると、連邦上院議員の共和党候補者選びは、前回大統領選に出馬した現職テッド・クルーズ氏(47)がライバル4人に勝利した。中間選挙が実質的に幕を開け、今後各州で予備選が本格化する。

 米テキサス州選出上院議員のテッド・クルーズ氏=2017年12月(AP=共同)

 3人が争った民主党の候補者選びは、ベト・オローク下院議員(45)が制した。クルーズ氏と11月6日投開票の本選でぶつかることになる。

 テキサスは共和党の強固な地盤。同州選出の上院議員選を民主党が制したのは1988年が最後だ。